こねずみのぽけっと(旧)

いつもどんぐりが入っています     「考える」 を 「考えよう」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ブログを引越しました

娘が2年生になったのを機にブログを引越しました。

こねずみのぽけっと(新)

小鳥のさえずりが気に入っていたのですが、
FC2ブログを上手く使いこなせなくて・・・。

どうぞ新ブログにもお越しくださいね。

スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

テレビが壊れました

最近、電化製品の調子が悪くなったり、次々電球が切れたりと不具合なことが続いています。

結婚9年目にして、いろいろ寿命がやってきたのかしら。

それも何故か私が使っている時に、です。

私、変な電波でも出しているんでしょうか?(笑)



さて、先日、

とうとうテレビもやられました。

電源を入れたらパチンと音がして

一瞬緑色の光が出たのち、

画面が真っ黒に。



音は出ているので

ブラウン管がやられた模様(うちは昔のテレビなので)。



それでも、たまに画面が戻るときもあり、

まだ買い換えていません。



どういうわけか、

主人の好きな大河ドラマの時は

何故か復活しています。



でも今は冬季オリンピック!

男子フィギュアも女子フィギュアも音しか聞けませんでした(泣)。



う~ん、買い換える?

まぁ、もともとそんなにテレビは見ないほうなので

なくても大丈夫かな。

見たいのは動画サイトで探せますしね。




これを機に

テレビなしの生活を始めてみましょうかね。




別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ガマの油

算数はゲームやクイズみたいなものだと思っている娘は、

数字で遊ぶのが嫌いではないようです。
(すっごく好き、というほどではありません)



ある日、暇だったらしく

ガマの油でおなじみ、1+1=2、2+2=4、4+4=8 ・・・のいわゆる等比数列を

ぶつぶつ一人ごとを言いながら計算し始めました。




8+8=16は覚えてしまっているようですが、

そこから先はどうするのかな~と

隣で料理しながら聞き耳をたてていると、

「10足す10は20、6たす6は12、20たす12は32!]

と難なく正解。

次の64もクリアし、

ここからは難しいだろうと思った128もOKでした。



結局、

256、512、1024、2048、4096まで暗算し、

さすがにここでギブアップ。



8000台の数というのは予想できるみたいなのですが、

8000という数が「なんだか、とてつもなく大きい!」と感じるらしく

急にイメージしづらくなるようです。



5000までくらいなら

おもちゃの金額などでイメージできるのかしら。

我が家は高いおもちゃは買ったことがないし(笑)。






ところで、

通常の計算問題の場合は暗算禁止なのですが、

勝手に遊んでいる場合はどうなのでしょう?



勉強モードの時にはちゃんと筆算しているのでいいのかしら?

筆算するのが癖になっていれば、

遊びとはいえ、自然に書いて計算するのでしょうか?



ちなみに

暗算とはいえ手も使っていますが、

頭の中はデンタくんでイメージしているようです。



5(片手)をひとかたまりとして計算しているようなそぶりがうかがえます。



8+8のような場合は

(5+5)+(3+3)というイメージです。



学校で習うときは10の補数を使ったやり方を教えているようですが、

視算の場合は5を使うほうが自然な流れのようです。



やはり

片手が基本みたいですね。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

目標!

2月10日は小学校の音楽会でした。

一年生は合唱が2曲と合奏が1曲です。



毎日の学校での練習に加え、

家でもおばあちゃんにもらったロールピアノを広げて、

楽譜も無しに、ポロンポロンと弾いていました。



そして今日、

「この曲を間違えずに弾くのを目標にする!」と張り切り、

見よう見まねの自作の楽譜とにらめっこしながら

一所懸命に練習しています。



初めのうちは、

ちょっと間違えると癇癪を起して

キーキー叫んではひっくり返ったりしていました。


通常、娘のそういう声を聞くとき、

いら立ちを私に向けられているような気がして、

「落ち着きなさい!」とか

「騒ぐのならやめなさい!」とか言いたくなってしまいます。



でも今回、

そういう言葉をひとまず呑み込んで、

娘の気持ちを想像してみました。


すると、

これは娘のなりたい自分とのイメージギャップに苛立っているからなんだな・・・とわかってきました。



そういえば私も、

何か上手くいかないとき、

一人で毒づいていることがあります(笑)。

でもそういう時こそ

言葉とは裏腹に、

心の中では何とかしようと必死に考えていたりするんですよね。



そこで

止めさせもせず、アドバイスもせず、

そのまま様子を見ていたところ、

ある時点で吹っ切れたのか、

急にまた一生懸命練習を始めました。



すると今度は雑念が消え、没頭モードに。



ほどなくして

間違えずに一曲弾けるようになりました。



その時の表情は達成感に輝いていました。


「目標を作ると、その通りになる気がするなぁ!」

と何か発見したような様子。



「それは良いことに気がついたね。

 目標を持つということは

 自分のなりたいイメージが心に浮かんでいるということだからね。

 イメージがはっきりしていれば

 人間はその通りにできるようになるんだよ。」

というと、

なるほど!というような顔で目をキラキラさせていました。



些細なできごとではありますが

「自分で描いた」イメージを

「自分で実現していく」体験を積み重ねることが

本当の学びにつながっていくのかなと思える出来事でした。




別窓 | 教育全般 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

よく見るって難しい

どんぐりでは

「よく見なさい」と言われますが、

「よく見る」って難しいなぁと常々思います。



よく見るということは

いろいろな要素があると思います。



たとえば漢字。



偏があって、旁があって、

線の長さや折れの角度、

とめ、はね、はらいに

全体のバランスetc・・・。

ほかにもまだあるかなあ。


これらを一つ一つ意識して見ることが大事なんでしょうね。

でも、一生懸命見ているつもりで、

実は漠然と見ていることが多い気がします。

または、

見たことを言葉で認識しようとしていたり。

先生は細部を拡大してイメージしなさいとおっしゃっています。



私は学校の新出漢字の授業を見学したことがないのですが、

1年生の子どもたちはどこまで認識して見ているのでしょうね。


娘が使っている書写の教科書のお手本の字は

某大学の教授がお書きになっているのですが、

とても細部を大事にしていらっしゃるのがわかります。



でも、

それは一生懸命見ないとわかりません。

教科書としても、

見るべきポイントとして拡大するほうがいいのかも。



一方、

漢字練習用のドリルは

書体こそ教科書体なのですが、

やはり人が書いた文字とは違い、

形に込められた思いや動きまでは伝わってきません。

それに

字を大きく表示するために

線が太くなってしまって

子どもが実際に鉛筆で書くのとでは

違いが出てしまうのも気になります。



書写の先生の字でドリルをつくればいいのになぁ。



・・・と、ここまで考えて。

漢字書き取りの宿題はやっぱり大量反復系で、

漢字もやはり、

「考える」学習、

つまり、味わい楽しむ方が、

格段に吸収率は高かろうと再認識してきました。



どんぐり問題風に漢字をイメージさせるといいのかな。











別窓 | どんぐり倶楽部 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| こねずみのぽけっと(旧) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。