こねずみのぽけっと(旧)

いつもどんぐりが入っています     「考える」 を 「考えよう」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

手作り美容院

娘がほしいおもちゃをもらえるのは
誕生日とクリスマスです。

それ以外は
「欲しかったら自分で作れ!」
というのが
我が家の方針。

小学生になって
手先も器用になり、
自分でいろいろ工夫できるようになってきました。

今日は
シルバニアのための美容院を作っていました。

本当はメルちゃんのカタログに載っていたものが欲しかったようなのですが、
「誕生日まで待っていられない!」とのことで
夏休みの一日、
ちょきちょき・・・ぺたぺた・・・

一日でかわいい美容院を手にして
大変ご満悦です。

ちゃんと人形用のエクステンションもあります。
スポンサーサイト

別窓 | 作品 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

根を張る

我が家は賃貸マンションです。

猫の額ほどのベランダで
朝顔、ゴーヤ、ミニトマト、ナス、ハーブ類を育てていたのですが
3日ほど帰省しているあいだに
枯れてきてしまいました。

出発前、
時間がなくて水やり対策をしていなかったのです。
(植物たちよ、ゴメン・・・)

ところで
ベランダ園芸の場合は土が浅いので
毎朝夕の水やりが欠かせませんが、
地植えはそれほど頻繁にやらなくてもいいそうですね。

庭に木を植えたら
最初のうちはたっぷりと水やりが必要ですが
根がついたら地中の水分を吸収するようになるからとか。

水やりのコツは
土が乾いたらたっぷりと地中が濡れるまでやることだそうです。
そうすると
根は深く張り
土の中に酸素も入るそうです。

一方、
表面だけに水をまいたり
肥料をやりすぎると
根が浅く張ってしまって
乾燥や風に弱く育ってしまうそう。

また
常に濡れた状態でも
酸素不足になってしまうそうです。

これを聞いて
子育てと同じなんだなぁと思いました。

与えすぎず(=教えすぎず)
時に深い学びを得られれば
子供は自分で根を伸ばしていきます。
そして知恵という
地下水脈をとらえられれば
あとは自然に育っていきます。(自立)

反対に
浅い学びや
与えすぎるヒントは
浅い根しか作れず、
ヒントがなければ
あっという間に枯れてしまうことでしょう。


うーむ。
植物も
子供も
環境に合わせて
自分を成長させているのですね。

だからこそ
環境設定が大事なんだなぁ。
















別窓 | 教育全般 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

たとえばなぞなぞだったら

子供がなぞなぞで遊んでいるとします。

答えを思いつかない場合、
すぐにページをめくって答えを見てしまったら
「もったいない!」と思いませんか?

知っている問題ばかり
反射的に答えて遊んでいたら
「何か新しい発見があるの?
面白くないんじゃないの?」と思いませんか?

なぞなぞの面白さは
すぐには思いつかない問題の答えを
うーんと頭を使って閃いた瞬間だと思うのです。

それも
ヒントをもらって解くよりも
全部自分で考えたときほど
喜びは大きいもの。

なのに
なぞなぞを勉強と置き換えると
大人は変なことを言い出します。

「単純なものを
大量反復すれば
頭がよくなります!」

単純ななぞなぞ、
しかも出題パターンが限られているなぞなぞを
答えを覚えてしまうくらい大量に解き
問題を見たら考えずに反射的にこたえる練習をしましょう。
そうすると頭が良くなります。

・・・何かおかしい・・・ですよね。









別窓 | どんぐり倶楽部 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ごほうびは「どんぐり」

夏休みも中盤を過ぎ
少々疲れが溜まってきました。

まだ一年生なので
プリントなどの宿題は大方終わり
自由課題もめどはついているのですが、
残りの夏休みが減ってくると
なんとなく
せつないような気がしてしまうのは
子供の頃からの癖でしょうか。

本当は
早く学校が始まったほうが
主婦としては楽なはずなのに(笑)。


ところで
今日は思いがけず嬉しいことがありました。

娘が上手にお手伝いをしたので
特別にお菓子でもあげようかしらと思ったら
「ごほうびはどんぐりがいい」と言うのです。

我が家は月曜日がどんぐりデーで
週1題しかやらせていないのですが
今週はもう一題やってみたいとのこと。

しかも選んだのは
3日前.にちらりと見て
「これは難しそうだからやらない」
と言っていた
1MX03のアリッサちゃんの人数調べの問題です。

夏休みに入り
1年生問題を解禁にしたものの
100人という大きな数字に
敬遠していたのです。

それがたった数日ですが
何か彼女の中に
あらためて挑戦してみようという
己を頼む気持ちが湧いてきたのでしょうか?

さっそく
かわいい女の子を描き始めたものの
3人目くらいで
「これは大変だ」と思ったようで
急にトーンダウン。

それでも
頭の中では答えが出てしまったらしく
残りは丸と線だけの男の子と女の子を10人ずつ描き
それぞれに数字で+50と+30付け加えて終りになっています。

そこで
答えの欄に書いてある40の数字は合っているけれど
これではどこからこの数字になったか見えないね
と話しました。

そして初めて
絵を操作する
というのを体験することになりました。

新しく紙を付け足し
今度は男の子と女の子を10人単位で並べて描き
きちんとマッチングさせていきます。
そして合計で100人になるまで描き
最後に女の子を丸で囲んで数えてできあがり!

解きなおしに
一瞬やる気が失せかかった娘でしたが
すっきり描き表わせたことで
心も晴れ晴れです。






別窓 | どんぐり倶楽部 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

今どきの教科書 色の氾濫

今どきの教科書や参考書などを見てみると
あまりにもカラフルで
目がチカチカしてきてしまいます。

いつからこんなに
色を多様するようになったのでしょうか?

私は子供の頃から
色がたくさん使われていると
情報量が多くて
頭が疲れてしまう質でした。

娘の教科書を見てみると
総天然色でイラストも多用、
結果的にどこが重要なのか
かえってわからなくなってしまいます。

子供の気を引くための作戦なのでしょうが
結局
気を散らしているだけのような・・・。

また
昔より教科書のサイズが大きくなった分、
ページ数は減らさないといけないのか、
1ページあたりの情報量は増えているようです。

これまた
子供の集中力を削ぐ原因になりはしないでしょうか?


うちの娘などは
挿絵の女の子のリボンがかわいいとか、
お皿の模様がうちのと似ているとか、
どうでもいいところに注意がいって
先生の話を聞いていない、
なんてことが
ざらにあります。

困ったものだ・・・。




別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| こねずみのぽけっと(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。