こねずみのぽけっと(旧)

いつもどんぐりが入っています     「考える」 を 「考えよう」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

目が見えなくてもイメージできる(その1)

昨年東京でオフ会が開催された時、
幸運なことに先生のお隣りに座らせていただきました。

その時に伺ったお話は
どれも興味深いものだったのですが
特に私の心を捉えた話があります。

それは
全盲の方は
円筒形を斜めに切った切断面が
楕円になるというのを想像するのが難しいというものでした。

まず
目からの情報を得る機会がなかった方が
頭の中でイメージを操作していること自体が
私にとっては驚きで
新たな視点でした。


普段私たちは
目にするイメージをデータとして取り込み
無意識のうちに操作して思考しています。

しかし
生まれながらにして
目が見えなかった場合、
どのようにして思考イメージを蓄積するのでしょう。

ここに視考力の鍵があるような気がしてなりませんでした。

(続く)





別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<考えるを楽しむ | こねずみのぽけっと(旧) | 夏休みの宿題>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こねずみのぽけっと(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。