こねずみのぽけっと(旧)

いつもどんぐりが入っています     「考える」 を 「考えよう」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

今どきの教科書 色の氾濫

今どきの教科書や参考書などを見てみると
あまりにもカラフルで
目がチカチカしてきてしまいます。

いつからこんなに
色を多様するようになったのでしょうか?

私は子供の頃から
色がたくさん使われていると
情報量が多くて
頭が疲れてしまう質でした。

娘の教科書を見てみると
総天然色でイラストも多用、
結果的にどこが重要なのか
かえってわからなくなってしまいます。

子供の気を引くための作戦なのでしょうが
結局
気を散らしているだけのような・・・。

また
昔より教科書のサイズが大きくなった分、
ページ数は減らさないといけないのか、
1ページあたりの情報量は増えているようです。

これまた
子供の集中力を削ぐ原因になりはしないでしょうか?


うちの娘などは
挿絵の女の子のリボンがかわいいとか、
お皿の模様がうちのと似ているとか、
どうでもいいところに注意がいって
先生の話を聞いていない、
なんてことが
ざらにあります。

困ったものだ・・・。




別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ごほうびは「どんぐり」 | こねずみのぽけっと(旧) | 目が見えなくてもイメージできる(その2)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こねずみのぽけっと(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。