こねずみのぽけっと(旧)

いつもどんぐりが入っています     「考える」 を 「考えよう」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

デンタ君トランプ

毎日宿題で出される計算カード、
正直、面白くないのでやらせていません。



しかし、
トランプを使って計算ゲームをしてみたら結構面白く、
毎日遊んでいます。



ルールは

足し算ゲームの時は
神経衰弱のように裏返したトランプを
決めた数だけとって(2枚~7枚くらい)
合計が多い人が勝ちというのを繰り返し、
たくさん勝った人が優勝となります。



引き算は
11~13までのカードはべつにしておいて、
そこから10~1までのカードを引いて、
残りの数が少ない人が勝ちとなります。



そんなとき、
ふとデンタ君でトランプを作ってみたらどうかしらと思いつき、
さっそく作ってみました。

エクセルの図形の楕円を組み合わせ、
手の形を作りました。

普通のトランプだと13までしかありませんが
せっかくなので
デンタ君2号型にしてみることに。

そして
数字はあえて書きませんでした。
手の形で判断するのです。



厚手の紙に打ち出して
トランプの大きさに切り取れば
はい、完成!


妙に愛着を感じます(笑)。


実際に遊んでみると
結構いい感じ。

自然と5のかたまりや
10の補数がわかります。

意外だったのは
足し算ゲームをした時、
娘のほうが計算が早かったことです。


手の形で
次々に補数をみつけて
上手く組み合わせているようです。

それと
私的に発見だったのは
手の形どうしを見比べると
数字を意識しなくても
差が瞬時に見えることでした。

これはつまり
数字という概念がなくとも
人間は計算することができる、
ということなのかもしれません。

大昔の人類も
もしかしたら
言葉以前に数を認識できていたかもしれませんね。


数字とは
数を置き換えたものなんだ!

当たり前だけど
なんか発見です。



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<初マシーン! | こねずみのぽけっと(旧) | タイトルなし>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こねずみのぽけっと(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。