こねずみのぽけっと(旧)

いつもどんぐりが入っています     「考える」 を 「考えよう」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

目標!

2月10日は小学校の音楽会でした。

一年生は合唱が2曲と合奏が1曲です。



毎日の学校での練習に加え、

家でもおばあちゃんにもらったロールピアノを広げて、

楽譜も無しに、ポロンポロンと弾いていました。



そして今日、

「この曲を間違えずに弾くのを目標にする!」と張り切り、

見よう見まねの自作の楽譜とにらめっこしながら

一所懸命に練習しています。



初めのうちは、

ちょっと間違えると癇癪を起して

キーキー叫んではひっくり返ったりしていました。


通常、娘のそういう声を聞くとき、

いら立ちを私に向けられているような気がして、

「落ち着きなさい!」とか

「騒ぐのならやめなさい!」とか言いたくなってしまいます。



でも今回、

そういう言葉をひとまず呑み込んで、

娘の気持ちを想像してみました。


すると、

これは娘のなりたい自分とのイメージギャップに苛立っているからなんだな・・・とわかってきました。



そういえば私も、

何か上手くいかないとき、

一人で毒づいていることがあります(笑)。

でもそういう時こそ

言葉とは裏腹に、

心の中では何とかしようと必死に考えていたりするんですよね。



そこで

止めさせもせず、アドバイスもせず、

そのまま様子を見ていたところ、

ある時点で吹っ切れたのか、

急にまた一生懸命練習を始めました。



すると今度は雑念が消え、没頭モードに。



ほどなくして

間違えずに一曲弾けるようになりました。



その時の表情は達成感に輝いていました。


「目標を作ると、その通りになる気がするなぁ!」

と何か発見したような様子。



「それは良いことに気がついたね。

 目標を持つということは

 自分のなりたいイメージが心に浮かんでいるということだからね。

 イメージがはっきりしていれば

 人間はその通りにできるようになるんだよ。」

というと、

なるほど!というような顔で目をキラキラさせていました。



些細なできごとではありますが

「自分で描いた」イメージを

「自分で実現していく」体験を積み重ねることが

本当の学びにつながっていくのかなと思える出来事でした。




別窓 | 教育全般 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ガマの油 | こねずみのぽけっと(旧) | よく見るって難しい>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こねずみのぽけっと(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。