こねずみのぽけっと(旧)

いつもどんぐりが入っています     「考える」 を 「考えよう」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

考えるを楽しむ

どんぐり倶楽部の掲示板を読んでいると

子供がどんぐり問題に取り組んでいるときにお母さんができることは
「おいしいおやつとジュースを用意すること」

というアドバイスが書かれています。


いままでそれは

あせっている母親を落ち着かせるため、

またはどんぐりを頑張った子どもに対する
ご褒美ぐらいに思っていたのですが

最近
別の意味があるような気がしてきました。

これはもしかすると
問題に取り組む時の姿勢を示しているのではないでしょうか?


大人の仕事で例えると

たとえば新しいプロジェクトを考えるとき、
お気に入りのBGMと飲み物を用意して
「さあー、いいアイデアを出すぞ!」と考えることそのものを楽しむ、
そんな心の状態。


休憩もなく、
ひたすら単純作業をこなしながら、
「これが終わったら、仕事のことは忘れて飲みに行くぞー!」
と思いながら過ごすより、よほどやりがいがあると思われます。


子供の勉強だってきっと同じ。

大量反復に慣れ、
頭を使うより楽だと感じるようになってしまったら
心が機械のようになってきている証拠。

のびのびと
柔軟に
考えることそのものが楽しい時間なんだよ
と感じさせてあげることが
親の役目なのかもしれませんね。



別窓 | どんぐり倶楽部 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<発見! | こねずみのぽけっと(旧) | 目が見えなくてもイメージできる(その1)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こねずみのぽけっと(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。