こねずみのぽけっと(旧)

いつもどんぐりが入っています     「考える」 を 「考えよう」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

デンタくん2

先日、デンタ君で掛け算ができそう~と書いたのですが、

思ったより早く、

娘もそのことに気づいてしまいました。



娘はまだ1年生なので

掛け算を教える気はさらさらなく、

どんぐりでじっくりと準備学習をつませたいところなのですが、

本人は数遊びが好きで、

掛け算に興味があるようです。



「同じ数を何回も足すのが掛け算らしい」とは気付いているようで、

「7 × 2 って 7 + 7のことだよね。」ときいてきました。

計算するからママの手を貸してと言われたのですが、

あいにく荷物でふさがっていたので

頭の中にデンタくんを思い浮かべてごらんと言ってみました。



すると、

目を閉じて数秒考えていたかと思うと

嬉しそうに目をパチリと開け、

「わかった~!」と大喜び。



頭の中に「5本指と2本指」のデンタくんを2組思い浮かべ、

「5本指が2組で10、2が2組で4、合わせて14」が

「見えちゃった」そうです。



次に「7 × 4」を思い浮かべ、

「5本指が4組で20、2本指が4組で8、合わせて28」も「見えた」とのこと。



母はこれに気付くのに何十年も掛ったのに、

あっという間に追いつかれてしまった!

どんぐりっ子って勝手に進化してしまうのですね。

でもまだ早いかな~。

掛け算のことはあまり意識させないようにして、

どんぐり問題で楽しく遊びたいと思います。

























別窓 | どんぐり倶楽部 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

スイミングの待ち時間に

娘がスイミングを習っている間、

親たちは2階の見学コーナーから練習の様子を見ています。

そんな中、

私の隣のベンチに座っている二人のママが2年生のお子さんのことについて話していました。



そのお子さんは現在K式に通っており、

掛け算のところまで習っているそうですが、

先日学校で足し算の問題が出たら解けなかったとのこと。

どうやらくり上がりがよくわかっていなかったらしいというのです。

K式で足し算の問題をやっていたときはいつも100点だったのに、

くり上がりの構造もわからないようじゃ

チャ○○○でもやらせようかしら・・・と相談していました。



むむむむむ、

これぞまさしくK式の問題点。

足し算なら足し算、

引き算なら引き算と単元が決まっているから

子供が「これは何をきかれているのか」なんて気にせずに

覚えたてのやり方でひたすら反射的に答えを出しているのでしょう。

おそらく何のイメージも再現されていないはずです。



だから別の単元に移ると

何をどうしていいかわからなくなるのかもしれません。

本来、足し算などは

数量の変化するイメージさえ浮かべば

決まったやり方を思い出さなくても答えは「見える」はずですから、

そもそも何百枚も計算させること自体、必要のないことなのです。



なのに

一番大事なことはすっとばして

余計な訓練をしてしまっている。

これは無駄よりたちが悪いです。



その次に気になったのが

やり方がわからないなら、

チャ○○○をやらせようかという発想です。



結局、

親自身も責任を別のものに転嫁してしまっている気がします。

まず自分自身の体と頭を使って検証してみなくては。

(私もまだまだ途中ですが・・・。それでもやらないよりは遥かに得るものがあります。)









別窓 | 計算問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

デンタくん

最近、

私もデンタくんが使えるようになってきたような気がします!



以前は

頭の中のイメージをキープするのにエネルギーをつかってしまって

それを利用して思考するのが難しかったのですが、

近頃はまるでパソコンの画面を開いているように、

実際に目で見ているものを映している画像の上に、

もう一画面、頭の中のイメージを並べて表示しているような感じなのです。



頭の中の手のイメージを使って思考できるとは

なんだか不思議で便利な感じです。



数を数える時も

いちいち数字を心の中で唱えなくても

頭の中の手の指を一本づつ認識するだけでOKです。



へぇ~、面白い!と思っていろいろ想像していたら

こんなことを思いつきました。



デンタくんで掛け算をイメージしたらどうなるのでしょう?



たとえば

7 × 4。



デンタ君を使うと

5本の指を立てた手と 2本は立て、3本は折った手を

4組思い浮かべることになります。



このイメージを見ていると

あら、簡単!

まず5本の指の手が4組あるので、すぐに20とわかります。

次に2本の指が4組で8です。

最後に20と8を足して28。

あっという間にわかってしまいます。



これだと

2から5の段までわかっていれば

5以上の掛け算は暗記しなくてもすぐに出せそうです。



さらによくよく見てみると、

折った指も使えそうです。



8段や9段を考える時は

最初に10を掛けて(指10本分)、

次に折った指の分を引き算すればいいわけです。

たとえば

8×6 の場合は

10×6-2×6で

60-12=48

ちゃんちゃん!

つまり10の因数分解になっているわけですね。



6、7の段は加法方式、

8、9の段は減法方式で考えるのがいいのかな。



確か、どんぐり倶楽部でもデンタくんの掛け算はある(ただし今は封印)と書かれていたので、

もしかするとこんな感じだったのでしょうか。

封印された理由は

デンタくんを多用すると筆算をしなくなるからですかね。



三角計算に入る前の段階で

掛け算の意味を考えるのにはいいかもと思いました。

ただし、自分で思いついた場合のみ、ということで。


























別窓 | どんぐり倶楽部 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

どんぐりにしてくれてありがとう

先日、娘が

「どうしてママは子供の時にどんぐりをやらなかったの?」

と聞いてきました。



以前、私が子供の時にK式をやっていたことと、

小学校高学年から算数が苦手科目になってしまったことを聞いて

疑問に思っていたようです。



加えて

娘には計算問題の宿題はやらせないし、

漢字も極力書かせないなど、

子供心にも

我が家の方針は他の家庭と随分違っているなと思っている様子。



そこで

「計算ばかり練習していると、

 早く答えを出すくせがついて

 ゆっくり考える頭に育たないんだよ。

 算数で楽しいのは、

 初めて見た問題を

 いろいろ工夫して考えることだからね。

 いっつも計算だけじゃ面白くないでしょ。」


と答えると

「だから、わたしにはどんぐりにしてくれたの?

 良かった~!」

と喜んでいました。

それから

「ママが子供の時にどんぐりがあったらよかったのにねぇ。」

というので、

「うん、そうだね。

 子供の時に出会っていたら

 もっと子供時代を楽しめたかも知れないな~。

 でも、今からだって遅くないんだよ。

 ○○のお陰でどんぐりに出会えたわけだし、

 やりたいことはいつからでも始められるからね。

 ママも一緒にどんぐりやりたいな。」

  




別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

身につけるべき、本当に必要な力 

「自分が好きなことは何かということを知っている。」

「自分がやりたいことで自立するんだという自覚を持っている。」

これだけあれば十分なのではと思い始めています。


親が勉強のことなど

とやかく心配する必要もないのでしょう。



行きたい方向が見つかれば、

必要な勉強は必ずわかるのですから。



そして先回りする必要もありません。



自分らしく生きる姿を見せることが

親ができる唯一の教育なのかもしれませんね。



私は自分らしく生きているだろうか・・・。



まだまだというか、

全然という感じですね。



自分の中にある

「こうでありたい」自分と

実際の自分のギャップが大きすぎます。

いくら理想が素晴らしくても

子どもから見れば今の自分がすべてですからね。



でも、

そんなことを真剣に考えようとして

日々奮闘していることだけは伝わるかな。


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | こねずみのぽけっと(旧) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。